日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム

9/19〜9/21にかけて名古屋大学で行われた日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウムで、M2の早川君と柴田君が以下の発表を行い、柴田君が特定セッション優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。

セッション発表者題目
先進的な構造科学と新物質の開拓早川和孝, 長崎正雅, 山田智明, 吉野正人, 井川直樹, 星川晃範, 石垣徹プロトン伝導性酸化物BaSn0.5In0.5O2.75の結晶構造の静的な乱れ(口頭発表)
誘電材料の新展開柴田貴明, 山田智明, 吉野正人, 長崎正雅, 舟窪浩パルスレーザー堆積法によるBi4Ti3O12ナノプレートの構造制御(ポスター発表)

Wylie-van Eerdさん来日

Victoria University of Wellington (New Zealand)からWylie-van Eerdさんが特別研究学生として来日しました(6/1〜6/30)。

研究課題:Strain-induced ferroelectric phase transition in strontium titanate films

講義:Joe Trodahl先生

5/7にVictoria University of Wellington, MacDiarmid Institute for Advanced Materials and Nanotechnology (New Zealand)のJoe Trodahl先生が来学され、強誘電体のラマン分光測定に関する講義をしていただきました。

講義題目:Raman studies of strain-influenced ferroelectric phases in nanowires and films